記事外注をしてみよう

インターネットの世界

アフィリエイトを始めてはみたものの、毎回文章作成にかなりの時間を要するというのであれば時給換算した時に決して効率的とは言えません。
そしてそのまま失速してアフィリエイトを止めてしまうというのであれば勿体無いことです。
そういう時には記事外注を考えてみても良いでしょう。

クラウドソーシングとも言い、不特定多数の方にライターとして活躍してもらうのです。
クラウドソーシングには抵抗を感じる初心者の方も多いでしょうが、実は初心者こそが外注すべきです。
とにかく更新を続けていなければ他にもさまざまなブログはあるのですから、すぐに読者達は離れていってしまいます。
効率的に運営するためにも、任せられることはそれぞれの道のプロに任せて契約してしまうということです。
ライターとして名乗りを上げてくれるのは文章をかくプロ、契約すれば時間内に分かりやすくて親しみやすい望んだとおりの文章を用意してくれることでしょう。

自身のブログなのだからどうしても自分の文章を載せたいというならリライトもおすすめです。
リライトとは文章を書き直すこと、大まかには自身で書いておいてそれを元にして更に分かりやすく、文字数に丁度収まる長さまで引き伸ばして書いてもらうようにすればいいのです。
伝えたいことはそのままに内容は変えずにいてくれますし、文の調子などもそのままでいてくれるのですから自分が書いたようなものです。
それが面倒であれば、入れて欲しいキーワードと文字数だけ指定しておくだけで大丈夫です。

記事外注するかどうか、クラウドソーシングに頼るか悩むのであれば費用対効果を考えてみましょう。
とにかく時間がかかってもいいので自分なりの文章を考えて毎回更新するほうが安上がりだというならそれでも良いでしょう。
ですが、その時間があれば出来ることはさまざまあります。
特に本業があって副業としてアフィリエイトをやっているという方であれば、そもそも文章を考える時間を取ることすらできません。
そのために本業のお休みを取っていたりしては本末転倒となるでしょう。
費用対効果を考えて任せられる部分はライターさんに任せてしまうこと、小説を書いたりするわけでもなくゴーストライターを雇った・我々消費者を騙したと言われて訴えられるようなことはありません。
何しろ、その代わりとしてお金を払って契約をしているのですから、クラウドソーシングすることに問題はないのです。

関連記事